塗装現場レポート

大阪府堺市 N様邸 ガラリ・破風板・軒天井の塗装

2021.11.26

鉄部ケレンの画像

 

大阪府堺市のN様邸にてガラリ、破風板、軒天井の塗装を行いました。

こちらも付帯部に含まれる箇所の塗装です。

 

外壁塗装は古いところが残っていると仕上がった外観も中途半端になってしまいますので、塗り残しがないようにしましょう。

また、塗装をしないところは高圧洗浄をしてきれいにしておくこともお勧めします!

 

色選びはカラーシミュレーションが便利ですので、気になる方はぜひご利用ください。

詳しくはこちらの「カラーシミュレーター」をご覧ください。

 

【ガラリの塗装】

鉄部の塗装の画像

 

ガラリは排気口や給気口のカバーのことです。

最近の住宅は気密性が高くなっておりますので、空気を取り入れられるように給気口がついています。

 

ガラリは鉄製で、ケレンを行なった後にフッ素U Vコートを塗布しました。

ガラリが錆びてしまうことはあまりないですが、鉄ですので塗装が劣化していましたら、なるべくそのままにしないようにしましょう。

 

ガラリは1階だけでなく2階にも取り付けられています。

作業をするには足場が必要になりますので、外壁塗装のタイミングでメンテナンスをしましょう。

 

足場についてはこちらの「外壁塗装と屋根塗装はセットでおトク」もご一緒にご覧ください。

 

【破風板の塗装】

破風板の塗装の画像

 

破風板は屋根のケラバや軒先に取り付けられている装飾板です。

ここは風雨にさらされ、水にも触れやすいため塗装をしておかないと腐食を起こしてしまいます。

 

ガラリでもお伝えしましたが、高所作業となるため足場が必要になり、外壁塗装のタイミングでメンテナンスをしておくことをおすすめします。

 

破風板の継ぎ目には水が入らないようにコーキングが打ってあります。

コーキングは太陽の紫外線が原因で劣化しますので、新しく打ち替えました。

 

【軒天井の塗装】

軒天井の塗装の画像

 

続いて軒天井の塗装です。

こちらのお家の軒天井は装飾が施されている建材が使われていました。

 

直接雨に打たれる場所ではありませんが、湿気がこもってしまうこと、吹き上がる風で埃や砂が付着してしまうこと、などがありますので、決して傷まないというわけではありません。

 

むしろ湿気で苔やカビが発生したり、傷んでしまったりしますので、長い期間放置している軒天井は張り替えが必要になることもあります。

 

張り替えとなると大工工事が必要となり、工事代が嵩んでしまうため、費用節約のためにも状態が痛む前にメンテナンスをしましょう。

 

当社は建物診断を無料で実施しておりますので、建物の状態が知りたいという方はぜひお声がけください。

 

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

また年数が経つと建物はいろいろな劣化症状が出てきます。

 

こちらの「こんな症状には要注意」でもお伝えしておりますので、ぜひご参考にしてください。

 

“mu”

 

南大阪で、塗装工事、屋根工事のことなら、南大阪屋根外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】


大阪府河内長野市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
南大阪屋根外壁塗装専門店
株式会社Boo/麻布南大阪営業所
https://azabu-minamiosaka.net/
住所:大阪府河内長野市美加の台1-36-7

お問い合わせ窓口:0120-418-069
(8:00〜18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:河内長野市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://azabu-minamiosaka.net/case/
お客様の声 https://azabu-minamiosaka.net/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://azabu-minamiosaka.net/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://azabu-minamiosaka.net/contact/


施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

南大阪のお客様の声

もっと見る