塗装現場レポート

大阪府堺市 N様邸 付帯部 幕板 下地処理ケレン〜上塗り

2021.11.25

幕板の塗装の画像

 

大阪府堺市のN様邸にて付帯部の幕板の下地処理ケレン〜上塗りを行いました。

本日の現場レポートも引き続き付帯部の塗装作業をお伝えしていきます。

それでは早速塗装作業を見ていきましょう!

 

【付帯部 幕板の下地処理ケレン〜上塗り】

幕板のケレンの画像

 

幕板は外壁に取り付けられている装飾建材です。

こちらのお家は1階と2階で外壁材の種類が違いましたので、ちょうど外壁材の境に幕板がアクセントとなって取り付けてありました。

 

こちらも最初にケレンを行なって塗装の付着力を上げます。

幕板の上部は外壁の取り合い部となり、隙間が生じますので、コーキングを打って防水処理してあります。

コーキングは紫外線などで経年劣化しますので、塗装する前に新しく打ち替えました。

 

コーキングの打ち替えについてはこちらの「コーキングについて」もご一緒にご覧ください。

 

ケレンについてはこちらの「塗装工事におけるケレン作業の重要性、その役割とは。」もぜひご覧ください。

 

幕板の塗装の画像

 

下地処理の後は塗装を行います。

幕板は前回の現場レポートでお伝えした水切りの塗装と同じフッ素U Vコートを塗りました。

 

前回の現場レポートをまだご覧になっていない方は、ぜひこちらの「現場レポート:大阪府堺市 N様邸 付帯部 水切り 下地処理ケレン〜フッ素UVコート塗装」もご覧ください。

 

【外壁の装飾材の塗装】

装飾材のケレンの画像

 

こちらのお家は外壁の角のところにも装飾材が取り付けてありました。

素材は幕板と同じです。

まずは下地処理のケレンを行なっていきます。

 

幕板や装飾材は窯業系になりますので、塗装が劣化すると水が染み込み脆くなってきます。

一部剥落があるとコーキングやパテの補修が必要になり、跡が表に出てしまう可能性がありますので、損傷する前にメンテナンスしておくことが大切です。

 

装飾材の塗装の画像

 

こちらもフッ素UVコートで塗装をしました。

塗装回数は2回行います。

塗装は決まった工程がありますので、正しく作業することが大切です。

 

間違った施工をしてしまうと塗料の性能を発揮できないばかりか、短い期間で剥がれてしまう恐れもあります。

 

これから塗装をされる方は、どんな流れで工事が進んでいくか知っておくことをお勧めします。

 

塗装工事の工程についてはこちらの「塗装工事の流れ」をご覧ください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も塗装現場の作業をご紹介していきますので、楽しみにしていてください。

 

お家のメンテナンス工事のことなら、ぜひ当社にお任せください。

当社についてはこちらの「皆様から選ばれる理由」でお伝えしております。

“mu”

 

南大阪で、塗装工事、屋根工事のことなら、南大阪屋根外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】


大阪府河内長野市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
南大阪屋根外壁塗装専門店
株式会社Boo/麻布南大阪営業所
https://azabu-minamiosaka.net/
住所:大阪府河内長野市美加の台1-36-7

お問い合わせ窓口:0120-418-069
(8:00〜18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:河内長野市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://azabu-minamiosaka.net/case/
お客様の声 https://azabu-minamiosaka.net/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://azabu-minamiosaka.net/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://azabu-minamiosaka.net/contact/


施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

南大阪のお客様の声

もっと見る