塗装現場レポート

大阪府堺市 N様邸 付帯部 水切り 下地処理ケレン〜フッ素UVコート塗装

2021.11.23

水切り施工前の画像

 

大阪府堺市N様邸にて付帯部の水切りの下地処理ケレン〜フッ素UVコート塗装を行いました。

施工前の水切りは部分的に傷がついてしまっている状態でした。

部材が凹んでいるところはありませんでしたので、ケレンを行なって下地調整をすれば傷は目立たなくなるでしょう。

 

工事は事前に建物の状態を把握しておき、適切な施工をしていくことが大切です。

そのためにも建物診断を行っておくことが重要ですので、工事をご検討している方は建物診断を実施して劣化や損傷の有無とどんな工事が必要になるか把握しておきましょう。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、お家のことでなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

【付帯部 水切りの下地処理ケレン〜塗装】

水切り施工前の画像

 

それでは水切りの塗装作業をお伝えしていきます。

上の写真を見ての通り、範囲は小さいですが水切りに傷がついてしまっています。

ケレンを行なって塗装をすれば傷は目立たなくなります。

 

部材が凹んでしまうと擦り傷と比べて補修が難しくなり、パテなどで補修できることもありますが、深く凹ませてしまっている場合は跡が残ってしまう可能性があります。

 

補修については実際にどのような状態か見て判断する必要がありますので、もし損傷させてしまったという方は、まずはご相談ください。

 

水切りケレンの画像

 

続いてケレンです。

下地調整前の水切りは表面が荒れて塗装がつきにくくなっていますので、研磨して塗装の付着力を上げます。

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

水切りの塗装の画像

 

下地処理後は塗装の工程です。

塗装は2回行います。

 

こちらの現場ではフッ素UVコートを塗布しました。

UVと書いてある通り、紫外線に耐性があり、耐候性に優れています。

 

塗料は紫外線が原因して劣化していきます。

耐候性に優れていると劣化しにくくなりますので、塗装が長持ちします。

 

塗料のことをもっと知りたいという方は「塗料について」でもお伝えしておりますので、ぜひこちらもご参考にしてください。

 

【付帯部の塗装の注意点】

付帯部は建物によって異なり、業者によって含まれている箇所も違います。

 

塗装箇所は見積もりに記載されていますが、よく内容を確認しないと塗装すると思っていたのに見積もりに含まれていなかったということが起きてしまいます。

 

追加工事となってしまう可能性がありますので、工事が始まる前に塗装する場所は把握しておきましょう。

外壁や屋根塗装は塗装するところがはっきりしていてわかりやすいですが、付帯部は細かい箇所が複数あって見逃してしまいやすいため注意しましょう。

 

見積もりについてはこちらの「料金について」をご覧ください。

 

“mu”

 

南大阪で、塗装工事、屋根工事のことなら、南大阪屋根外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】


大阪府河内長野市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
南大阪屋根外壁塗装専門店
株式会社Boo/麻布南大阪営業所
https://azabu-minamiosaka.net/
住所:大阪府河内長野市美加の台1-36-7

お問い合わせ窓口:0120-418-069
(8:00〜18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:河内長野市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://azabu-minamiosaka.net/case/
お客様の声 https://azabu-minamiosaka.net/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://azabu-minamiosaka.net/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://azabu-minamiosaka.net/contact/


施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

南大阪のお客様の声

もっと見る