塗装現場レポート

大阪府堺市 N様邸 付帯部 雨樋の塗装 ケレン〜上塗り フッ素UVコート

2021.11.27

施工後の画像

 

大阪府堺市のN様邸にて付帯部の雨樋の塗装、ケレン〜上塗りを行いました。

塩ビ製の雨樋は経年劣化してくると色褪せてきますので、外壁塗装の時は一緒に塗装をしてあげましょう。

それでは本日行った雨樋の塗装作業をご紹介していきます!

 

【雨樋の塗装 ケレン〜上塗り】

ケレンの画像

 

下地処理のケレンはサンドペーパーなどを使って塗布面を研磨していく作業です。

年数が経っていると塗布面は痛んでいて塗装が付着しにくくなっています。

汚れもそうですし、古い塗装も残っていますので、よく研磨して塗装が密着しやすくなるようにします。

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

ケレンの画像

 

雨樋はいくつもの部材が接合して構成されています。

屋根の周りにあるのが軒樋、外壁にあるのが縦樋です。

 

雨樋は何本か継いで取り付けられていますので、経年劣化してくると、この接合部に隙間ができてしまうことがあります。

 

隙間ができると水漏れを起こしますので、もし雨樋に不具合がある場合は塗装を行う前に補修を行なっておくことをお勧めします。

 

雨樋工事についてはこちらの「雨樋修理」をご覧ください。

 

雨樋の塗装の画像

 

こちらのお家の付帯部はこのフッ素UVコートで塗装を行わせていただきました。

フッ素樹脂を使い、さらに従来品よりも高い耐候性を有しておりますので、メンテナンスサイクルが長くなり、トータルコストを抑えることが期待できる塗料です。

 

塗料は建物に合ったものを選ぶことが大切です。

どんな塗料を選べばいいか迷われる方も多くいらっしゃいますので、なにかお困りのことがございましたら、ぜひ当社にご相談ください。

 

当社についてはこちらの「皆様から選ばれる理由」をご覧ください。

 

塗料はこちらの「塗料について」でもお伝えしておりますので、ぜひこちらもご参考にしてください。

 

【雨樋の劣化症状 こんな症状が出たら注意!】

雨樋は年数が経つと以下の劣化症状が出てきます。

 

・ゆがみ、たわみ、雨樋のズレ、割れ

・脱落、取付位置不良

・支持金具が曲がりや壊れ

・詰まり

・水漏れ

 

一般的な雨樋の寿命は15〜20年ほどです。

しかし、劣化を放置すると破損などの不具合を起こし、見込まれる耐用年数よりも早くダメになってしまう可能性もあります。

長持ちさせるには定期的にメンテナンスを行うことが大切です。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、メンテナンスの際はぜひお声がけください。

 

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

雨樋については「雨どい、こんな症状が出たら要注意!」でも解説しておりますので、ぜひこちらもご一緒にご覧になってください。

“mu”

 

南大阪で、塗装工事、屋根工事のことなら、南大阪屋根外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】


大阪府河内長野市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
南大阪屋根外壁塗装専門店
株式会社Boo/麻布南大阪営業所
https://azabu-minamiosaka.net/
住所:大阪府河内長野市美加の台1-36-7

お問い合わせ窓口:0120-418-069
(8:00〜18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:河内長野市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://azabu-minamiosaka.net/case/
お客様の声 https://azabu-minamiosaka.net/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://azabu-minamiosaka.net/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://azabu-minamiosaka.net/contact/


施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

南大阪のお客様の声

もっと見る