外壁塗装ブログ

外壁塗装は付帯部も忘れずに!塗装箇所は見積もりをよくチェック!

2022.6.15

見積もりを見た時に「付帯部」という項目を目にするかもしれません。

外壁塗装は外壁だけを塗装するわけではなく、他の部材のところも塗装をします。

 

塗装をしないままにしてしまうとさらに劣化が進み破損するため、不具合なく長く維持するためにも塗装をして保護する必要があります。

塗装工事は外壁や屋根以外の部材を付帯部という項目で分けています。

 

塗装工事をする際は、付帯部についてかならず目にすることになりますから、付帯部はどこのことか、なぜ塗装が必要か、塗装箇所の抜けができないようにする対策などを工事をする前に知っておきましょう。

 

それでは付帯部について押さえていただきたいポイントを解説していきます!

 

【付帯部に含まれる場所】

外壁塗装をする時は付帯部も忘れずに!

付帯部に含まれる場所を以下に記載しました。

どんな部材かも含めてご説明していきます。

 

【破風板や鼻隠し】

屋根の軒先にある板を鼻隠し、ケラバにある板を破風板と呼びます。

木材やケイカル板、窯業板などの素材があります。

 

【軒天井】

見積もりを見た時に「付帯部」という項目を目にするかもしれません。  外壁塗装は外壁だけを塗装するわけではなく、他の部材のところも塗装をします。     塗装をしないままにしてしまうとさらに劣化が進み破損するため、不具合なく長く維持するためにも塗装をして保護する必要があります。     塗装工事は外壁や屋根以外の部材を付帯部という項目で分けています。  塗装工事をする際は、付帯部についてかならず目にすることになりますから、付帯部はどこのことか、なぜ塗装が必要か、塗装箇所の抜けができないようにする対策などを工事をする前に知っておきましょう。     それでは付帯部について押さえていただきたいポイントを解説していきます!     【付帯部に含まれる場所】  付帯部に含まれる場所を以下に記載しました。  どんな部材かも含めてご説明していきます。     【破風板や鼻隠し】  屋根の軒先にある板を鼻隠し、ケラバにある板を破風板と呼びます。  木材やケイカル板、窯業板などの素材があります。     【軒天井】  張り出した屋根の天井を軒天井と呼んでいます。     屋根の張り出しは軒の出と呼び、建物によって広くとっているところと狭くとっているところがあります。     【雨樋】  雨樋は軒樋、縦樋、集水器など複数の部材を接続して構成する屋根からの雨水を排水するための設備です。  現在の住宅で最も一般的な雨樋は塩化ビニール製です。  雨樋についてはこちらの「雨どいの役割と各部位の名称」もご参考にしてください。     【雨戸・戸袋・シャッター】  防犯や防風、防火などの目的に設ける雨戸やシャッター。  戸袋は雨戸をしまう箱のようなもので窓の隣にあります。  木製や鉄製など素材の種類があり、劣化症状や耐久性が異なります。     【鉄部】  鉄部は雨戸やシャッターもそうですが、その他にも水切りや笠木、配管、手すり、フェンス、換気フード、霧よけ(庇)などがあります。  鉄部は塗装やメッキが劣化していると錆が発生してしまいますのでご注意ください、錆がひどくなると素材が脆くなり朽ちてしまう恐れがあり、塗装の密着性も落ちます。  これからも長く保たせるためには錆が広がる前に塗装しておくことが大切です。     【木部】  木部は窓枠や造作のフェンス、ウッドデッキ、濡れ縁などがあります。  破風板や軒天井も木材を使っていることがありますので劣化にはご注意ください。  木材は水を吸う性質があり、塗装が古くなっていると水を吸って腐食してしまいます。  腐食が進めば塗装だけで対応ができず、交換などをしなければいけなくなります。  メンテナンスコストを上げる原因となるため劣化が進む前に塗装しておきましょう。     劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。     【付帯部も忘れずに塗装。その理由は?】  付帯部の塗装も忘れずに行っておく理由は、これからも長く建物を使ってくためには部分的なメンテナンスではなく、全体的なメンテナンスが大切だからです。  外壁だけ塗装をしても塗装していないところは劣化の進行を防ぐことはできません。  塗装を古いままにしておくと状態が悪化して被害はそこからどんどん広がっていきます。  塗装しなかったことで損傷が大きくなり、修理にかかるコストもかかってしまうため、外壁塗装をするときは付帯部もかならず塗装することが大事です。     【メンテナンススケジュールを意識して計画を立てる】  付帯部を塗装しておく理由にメンテナンススケジュールを合わせることができるということもあります。  別々にメンテナンスをすると劣化の進み具合も工事を行なった日ごとにズレが生じてくるため、劣化のたびに工事をすることになると工事回数が多くなります。  1回の工事でできるだけまとめて工事をした方がいいという理由はこのためです。  同じタイミングでメンテナンスをしておけば工事回数は減り、将来的に必要になるメンテナンスのコストも軽減することにつながります。  足場代が最たるものですから、外壁塗装をする時は付帯部はもちろん、他に工事ができるところがないかチェックしましょう。     足場とコストについてはこちらの「外壁塗装と屋根塗装はセットでおトク」をご覧ください。     【塗装箇所の抜けを防ぐ対策】  付帯部の塗装が大事ということがわかっても付帯部は建物によって違いがあり、たくさんありますから塗装箇所から抜けてしまっていることがあります。  当然ですが、塗装箇所に含まれていないと塗装してくれませんからご注意ください。  本来は抜けなく塗装するのが当然ですし、見落としがないように見積もり前によく建物を診断するのが普通です。  しかし、業者によっては塗装する場所などが曖昧であったり、見積もりが大雑把なことがあります。  塗装しないところが発覚しても、すでに工事が始まっていると追加料金が発生してしまうなどトラブルになる可能性があります。  スムーズに工事を進めていくためにもご契約する前にしっかり見積もり内容をチェックして塗装する場所を把握しておくことが大切です。     見積もりについてはこちらの「料金について」をご覧ください。     【外壁塗装をお考えの方は無料診断がおすすめ!】  ここまで付帯部についてご説明をさせていただきました。  付帯部は塗装する場所をちゃんと把握していないとトラブルに発展してしまう恐れがありますのでご注意ください。  外壁塗装をする際はちゃんと塗装する場所を見積もりでよく確認して納得してから契約を交わしましょう。  当社はお客様立ち会いのもと建物の状態や必要なメンテナンスなどをご説明させいただいております。  建物診断は無料で実施しておりますので、お家のメンテナンス工事のことでお困りのことがございましたらぜひご利用ください。     無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。     "mu"     で、塗装工事、屋根工事のことなら、へお気軽にご相談ください。     外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】

張り出した屋根の天井を軒天井と呼んでいます。

屋根の張り出しは軒の出と呼び、建物によって広くとっているところと狭くとっているところがあります。

 

【雨樋】

見積もりを見た時に「付帯部」という項目を目にするかもしれません。  外壁塗装は外壁だけを塗装するわけではなく、他の部材のところも塗装をします。     塗装をしないままにしてしまうとさらに劣化が進み破損するため、不具合なく長く維持するためにも塗装をして保護する必要があります。     塗装工事は外壁や屋根以外の部材を付帯部という項目で分けています。  塗装工事をする際は、付帯部についてかならず目にすることになりますから、付帯部はどこのことか、なぜ塗装が必要か、塗装箇所の抜けができないようにする対策などを工事をする前に知っておきましょう。     それでは付帯部について押さえていただきたいポイントを解説していきます!     【付帯部に含まれる場所】  付帯部に含まれる場所を以下に記載しました。  どんな部材かも含めてご説明していきます。     【破風板や鼻隠し】  屋根の軒先にある板を鼻隠し、ケラバにある板を破風板と呼びます。  木材やケイカル板、窯業板などの素材があります。     【軒天井】  張り出した屋根の天井を軒天井と呼んでいます。     屋根の張り出しは軒の出と呼び、建物によって広くとっているところと狭くとっているところがあります。     【雨樋】  雨樋は軒樋、縦樋、集水器など複数の部材を接続して構成する屋根からの雨水を排水するための設備です。  現在の住宅で最も一般的な雨樋は塩化ビニール製です。  雨樋についてはこちらの「雨どいの役割と各部位の名称」もご参考にしてください。     【雨戸・戸袋・シャッター】  防犯や防風、防火などの目的に設ける雨戸やシャッター。  戸袋は雨戸をしまう箱のようなもので窓の隣にあります。  木製や鉄製など素材の種類があり、劣化症状や耐久性が異なります。     【鉄部】  鉄部は雨戸やシャッターもそうですが、その他にも水切りや笠木、配管、手すり、フェンス、換気フード、霧よけ(庇)などがあります。  鉄部は塗装やメッキが劣化していると錆が発生してしまいますのでご注意ください、錆がひどくなると素材が脆くなり朽ちてしまう恐れがあり、塗装の密着性も落ちます。  これからも長く保たせるためには錆が広がる前に塗装しておくことが大切です。     【木部】  木部は窓枠や造作のフェンス、ウッドデッキ、濡れ縁などがあります。  破風板や軒天井も木材を使っていることがありますので劣化にはご注意ください。  木材は水を吸う性質があり、塗装が古くなっていると水を吸って腐食してしまいます。  腐食が進めば塗装だけで対応ができず、交換などをしなければいけなくなります。  メンテナンスコストを上げる原因となるため劣化が進む前に塗装しておきましょう。     劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。     【付帯部も忘れずに塗装。その理由は?】  付帯部の塗装も忘れずに行っておく理由は、これからも長く建物を使ってくためには部分的なメンテナンスではなく、全体的なメンテナンスが大切だからです。  外壁だけ塗装をしても塗装していないところは劣化の進行を防ぐことはできません。  塗装を古いままにしておくと状態が悪化して被害はそこからどんどん広がっていきます。  塗装しなかったことで損傷が大きくなり、修理にかかるコストもかかってしまうため、外壁塗装をするときは付帯部もかならず塗装することが大事です。     【メンテナンススケジュールを意識して計画を立てる】  付帯部を塗装しておく理由にメンテナンススケジュールを合わせることができるということもあります。  別々にメンテナンスをすると劣化の進み具合も工事を行なった日ごとにズレが生じてくるため、劣化のたびに工事をすることになると工事回数が多くなります。  1回の工事でできるだけまとめて工事をした方がいいという理由はこのためです。  同じタイミングでメンテナンスをしておけば工事回数は減り、将来的に必要になるメンテナンスのコストも軽減することにつながります。  足場代が最たるものですから、外壁塗装をする時は付帯部はもちろん、他に工事ができるところがないかチェックしましょう。     足場とコストについてはこちらの「外壁塗装と屋根塗装はセットでおトク」をご覧ください。     【塗装箇所の抜けを防ぐ対策】  付帯部の塗装が大事ということがわかっても付帯部は建物によって違いがあり、たくさんありますから塗装箇所から抜けてしまっていることがあります。  当然ですが、塗装箇所に含まれていないと塗装してくれませんからご注意ください。  本来は抜けなく塗装するのが当然ですし、見落としがないように見積もり前によく建物を診断するのが普通です。  しかし、業者によっては塗装する場所などが曖昧であったり、見積もりが大雑把なことがあります。  塗装しないところが発覚しても、すでに工事が始まっていると追加料金が発生してしまうなどトラブルになる可能性があります。  スムーズに工事を進めていくためにもご契約する前にしっかり見積もり内容をチェックして塗装する場所を把握しておくことが大切です。     見積もりについてはこちらの「料金について」をご覧ください。     【外壁塗装をお考えの方は無料診断がおすすめ!】  ここまで付帯部についてご説明をさせていただきました。  付帯部は塗装する場所をちゃんと把握していないとトラブルに発展してしまう恐れがありますのでご注意ください。  外壁塗装をする際はちゃんと塗装する場所を見積もりでよく確認して納得してから契約を交わしましょう。  当社はお客様立ち会いのもと建物の状態や必要なメンテナンスなどをご説明させいただいております。  建物診断は無料で実施しておりますので、お家のメンテナンス工事のことでお困りのことがございましたらぜひご利用ください。     無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。     "mu"     で、塗装工事、屋根工事のことなら、へお気軽にご相談ください。     外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】

雨樋は軒樋、縦樋、集水器など複数の部材を接続して構成する屋根からの雨水を排水するための設備です。

現在の住宅で最も一般的な雨樋は塩化ビニール製です。

 

雨樋についてはこちらの「雨どいの役割と各部位の名称」もご参考にしてください。

 

【雨戸・戸袋・シャッター】

見積もりを見た時に「付帯部」という項目を目にするかもしれません。  外壁塗装は外壁だけを塗装するわけではなく、他の部材のところも塗装をします。     塗装をしないままにしてしまうとさらに劣化が進み破損するため、不具合なく長く維持するためにも塗装をして保護する必要があります。     塗装工事は外壁や屋根以外の部材を付帯部という項目で分けています。  塗装工事をする際は、付帯部についてかならず目にすることになりますから、付帯部はどこのことか、なぜ塗装が必要か、塗装箇所の抜けができないようにする対策などを工事をする前に知っておきましょう。     それでは付帯部について押さえていただきたいポイントを解説していきます!     【付帯部に含まれる場所】  付帯部に含まれる場所を以下に記載しました。  どんな部材かも含めてご説明していきます。     【破風板や鼻隠し】  屋根の軒先にある板を鼻隠し、ケラバにある板を破風板と呼びます。  木材やケイカル板、窯業板などの素材があります。     【軒天井】  張り出した屋根の天井を軒天井と呼んでいます。     屋根の張り出しは軒の出と呼び、建物によって広くとっているところと狭くとっているところがあります。     【雨樋】  雨樋は軒樋、縦樋、集水器など複数の部材を接続して構成する屋根からの雨水を排水するための設備です。  現在の住宅で最も一般的な雨樋は塩化ビニール製です。  雨樋についてはこちらの「雨どいの役割と各部位の名称」もご参考にしてください。     【雨戸・戸袋・シャッター】  防犯や防風、防火などの目的に設ける雨戸やシャッター。  戸袋は雨戸をしまう箱のようなもので窓の隣にあります。  木製や鉄製など素材の種類があり、劣化症状や耐久性が異なります。     【鉄部】  鉄部は雨戸やシャッターもそうですが、その他にも水切りや笠木、配管、手すり、フェンス、換気フード、霧よけ(庇)などがあります。  鉄部は塗装やメッキが劣化していると錆が発生してしまいますのでご注意ください、錆がひどくなると素材が脆くなり朽ちてしまう恐れがあり、塗装の密着性も落ちます。  これからも長く保たせるためには錆が広がる前に塗装しておくことが大切です。     【木部】  木部は窓枠や造作のフェンス、ウッドデッキ、濡れ縁などがあります。  破風板や軒天井も木材を使っていることがありますので劣化にはご注意ください。  木材は水を吸う性質があり、塗装が古くなっていると水を吸って腐食してしまいます。  腐食が進めば塗装だけで対応ができず、交換などをしなければいけなくなります。  メンテナンスコストを上げる原因となるため劣化が進む前に塗装しておきましょう。     劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。     【付帯部も忘れずに塗装。その理由は?】  付帯部の塗装も忘れずに行っておく理由は、これからも長く建物を使ってくためには部分的なメンテナンスではなく、全体的なメンテナンスが大切だからです。  外壁だけ塗装をしても塗装していないところは劣化の進行を防ぐことはできません。  塗装を古いままにしておくと状態が悪化して被害はそこからどんどん広がっていきます。  塗装しなかったことで損傷が大きくなり、修理にかかるコストもかかってしまうため、外壁塗装をするときは付帯部もかならず塗装することが大事です。     【メンテナンススケジュールを意識して計画を立てる】  付帯部を塗装しておく理由にメンテナンススケジュールを合わせることができるということもあります。  別々にメンテナンスをすると劣化の進み具合も工事を行なった日ごとにズレが生じてくるため、劣化のたびに工事をすることになると工事回数が多くなります。  1回の工事でできるだけまとめて工事をした方がいいという理由はこのためです。  同じタイミングでメンテナンスをしておけば工事回数は減り、将来的に必要になるメンテナンスのコストも軽減することにつながります。  足場代が最たるものですから、外壁塗装をする時は付帯部はもちろん、他に工事ができるところがないかチェックしましょう。     足場とコストについてはこちらの「外壁塗装と屋根塗装はセットでおトク」をご覧ください。     【塗装箇所の抜けを防ぐ対策】  付帯部の塗装が大事ということがわかっても付帯部は建物によって違いがあり、たくさんありますから塗装箇所から抜けてしまっていることがあります。  当然ですが、塗装箇所に含まれていないと塗装してくれませんからご注意ください。  本来は抜けなく塗装するのが当然ですし、見落としがないように見積もり前によく建物を診断するのが普通です。  しかし、業者によっては塗装する場所などが曖昧であったり、見積もりが大雑把なことがあります。  塗装しないところが発覚しても、すでに工事が始まっていると追加料金が発生してしまうなどトラブルになる可能性があります。  スムーズに工事を進めていくためにもご契約する前にしっかり見積もり内容をチェックして塗装する場所を把握しておくことが大切です。     見積もりについてはこちらの「料金について」をご覧ください。     【外壁塗装をお考えの方は無料診断がおすすめ!】  ここまで付帯部についてご説明をさせていただきました。  付帯部は塗装する場所をちゃんと把握していないとトラブルに発展してしまう恐れがありますのでご注意ください。  外壁塗装をする際はちゃんと塗装する場所を見積もりでよく確認して納得してから契約を交わしましょう。  当社はお客様立ち会いのもと建物の状態や必要なメンテナンスなどをご説明させいただいております。  建物診断は無料で実施しておりますので、お家のメンテナンス工事のことでお困りのことがございましたらぜひご利用ください。     無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。     "mu"     で、塗装工事、屋根工事のことなら、へお気軽にご相談ください。     外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】

防犯や防風、防火などの目的に設ける雨戸やシャッター。

戸袋は雨戸をしまう箱のようなもので窓の隣にあります。

木製や鉄製など素材の種類があり、劣化症状や耐久性が異なります。

 

【鉄部】

見積もりを見た時に「付帯部」という項目を目にするかもしれません。  外壁塗装は外壁だけを塗装するわけではなく、他の部材のところも塗装をします。     塗装をしないままにしてしまうとさらに劣化が進み破損するため、不具合なく長く維持するためにも塗装をして保護する必要があります。     塗装工事は外壁や屋根以外の部材を付帯部という項目で分けています。  塗装工事をする際は、付帯部についてかならず目にすることになりますから、付帯部はどこのことか、なぜ塗装が必要か、塗装箇所の抜けができないようにする対策などを工事をする前に知っておきましょう。     それでは付帯部について押さえていただきたいポイントを解説していきます!     【付帯部に含まれる場所】  付帯部に含まれる場所を以下に記載しました。  どんな部材かも含めてご説明していきます。     【破風板や鼻隠し】  屋根の軒先にある板を鼻隠し、ケラバにある板を破風板と呼びます。  木材やケイカル板、窯業板などの素材があります。     【軒天井】  張り出した屋根の天井を軒天井と呼んでいます。     屋根の張り出しは軒の出と呼び、建物によって広くとっているところと狭くとっているところがあります。     【雨樋】  雨樋は軒樋、縦樋、集水器など複数の部材を接続して構成する屋根からの雨水を排水するための設備です。  現在の住宅で最も一般的な雨樋は塩化ビニール製です。  雨樋についてはこちらの「雨どいの役割と各部位の名称」もご参考にしてください。     【雨戸・戸袋・シャッター】  防犯や防風、防火などの目的に設ける雨戸やシャッター。  戸袋は雨戸をしまう箱のようなもので窓の隣にあります。  木製や鉄製など素材の種類があり、劣化症状や耐久性が異なります。     【鉄部】  鉄部は雨戸やシャッターもそうですが、その他にも水切りや笠木、配管、手すり、フェンス、換気フード、霧よけ(庇)などがあります。  鉄部は塗装やメッキが劣化していると錆が発生してしまいますのでご注意ください、錆がひどくなると素材が脆くなり朽ちてしまう恐れがあり、塗装の密着性も落ちます。  これからも長く保たせるためには錆が広がる前に塗装しておくことが大切です。     【木部】  木部は窓枠や造作のフェンス、ウッドデッキ、濡れ縁などがあります。  破風板や軒天井も木材を使っていることがありますので劣化にはご注意ください。  木材は水を吸う性質があり、塗装が古くなっていると水を吸って腐食してしまいます。  腐食が進めば塗装だけで対応ができず、交換などをしなければいけなくなります。  メンテナンスコストを上げる原因となるため劣化が進む前に塗装しておきましょう。     劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。     【付帯部も忘れずに塗装。その理由は?】  付帯部の塗装も忘れずに行っておく理由は、これからも長く建物を使ってくためには部分的なメンテナンスではなく、全体的なメンテナンスが大切だからです。  外壁だけ塗装をしても塗装していないところは劣化の進行を防ぐことはできません。  塗装を古いままにしておくと状態が悪化して被害はそこからどんどん広がっていきます。  塗装しなかったことで損傷が大きくなり、修理にかかるコストもかかってしまうため、外壁塗装をするときは付帯部もかならず塗装することが大事です。     【メンテナンススケジュールを意識して計画を立てる】  付帯部を塗装しておく理由にメンテナンススケジュールを合わせることができるということもあります。  別々にメンテナンスをすると劣化の進み具合も工事を行なった日ごとにズレが生じてくるため、劣化のたびに工事をすることになると工事回数が多くなります。  1回の工事でできるだけまとめて工事をした方がいいという理由はこのためです。  同じタイミングでメンテナンスをしておけば工事回数は減り、将来的に必要になるメンテナンスのコストも軽減することにつながります。  足場代が最たるものですから、外壁塗装をする時は付帯部はもちろん、他に工事ができるところがないかチェックしましょう。     足場とコストについてはこちらの「外壁塗装と屋根塗装はセットでおトク」をご覧ください。     【塗装箇所の抜けを防ぐ対策】  付帯部の塗装が大事ということがわかっても付帯部は建物によって違いがあり、たくさんありますから塗装箇所から抜けてしまっていることがあります。  当然ですが、塗装箇所に含まれていないと塗装してくれませんからご注意ください。  本来は抜けなく塗装するのが当然ですし、見落としがないように見積もり前によく建物を診断するのが普通です。  しかし、業者によっては塗装する場所などが曖昧であったり、見積もりが大雑把なことがあります。  塗装しないところが発覚しても、すでに工事が始まっていると追加料金が発生してしまうなどトラブルになる可能性があります。  スムーズに工事を進めていくためにもご契約する前にしっかり見積もり内容をチェックして塗装する場所を把握しておくことが大切です。     見積もりについてはこちらの「料金について」をご覧ください。     【外壁塗装をお考えの方は無料診断がおすすめ!】  ここまで付帯部についてご説明をさせていただきました。  付帯部は塗装する場所をちゃんと把握していないとトラブルに発展してしまう恐れがありますのでご注意ください。  外壁塗装をする際はちゃんと塗装する場所を見積もりでよく確認して納得してから契約を交わしましょう。  当社はお客様立ち会いのもと建物の状態や必要なメンテナンスなどをご説明させいただいております。  建物診断は無料で実施しておりますので、お家のメンテナンス工事のことでお困りのことがございましたらぜひご利用ください。     無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。     "mu"     で、塗装工事、屋根工事のことなら、へお気軽にご相談ください。     外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】

鉄部は雨戸やシャッターもそうですが、その他にも水切りや笠木、配管、手すり、フェンス、換気フード、霧よけ(庇)などがあります。

 

鉄部は塗装やメッキが劣化していると錆が発生してしまいますのでご注意ください、錆がひどくなると素材が脆くなり朽ちてしまう恐れがあり、塗装の密着性も落ちます。

これからも長く保たせるためには錆が広がる前に塗装しておくことが大切です。

 

【木部】

見積もりを見た時に「付帯部」という項目を目にするかもしれません。  外壁塗装は外壁だけを塗装するわけではなく、他の部材のところも塗装をします。     塗装をしないままにしてしまうとさらに劣化が進み破損するため、不具合なく長く維持するためにも塗装をして保護する必要があります。     塗装工事は外壁や屋根以外の部材を付帯部という項目で分けています。  塗装工事をする際は、付帯部についてかならず目にすることになりますから、付帯部はどこのことか、なぜ塗装が必要か、塗装箇所の抜けができないようにする対策などを工事をする前に知っておきましょう。     それでは付帯部について押さえていただきたいポイントを解説していきます!     【付帯部に含まれる場所】  付帯部に含まれる場所を以下に記載しました。  どんな部材かも含めてご説明していきます。     【破風板や鼻隠し】  屋根の軒先にある板を鼻隠し、ケラバにある板を破風板と呼びます。  木材やケイカル板、窯業板などの素材があります。     【軒天井】  張り出した屋根の天井を軒天井と呼んでいます。     屋根の張り出しは軒の出と呼び、建物によって広くとっているところと狭くとっているところがあります。     【雨樋】  雨樋は軒樋、縦樋、集水器など複数の部材を接続して構成する屋根からの雨水を排水するための設備です。  現在の住宅で最も一般的な雨樋は塩化ビニール製です。  雨樋についてはこちらの「雨どいの役割と各部位の名称」もご参考にしてください。     【雨戸・戸袋・シャッター】  防犯や防風、防火などの目的に設ける雨戸やシャッター。  戸袋は雨戸をしまう箱のようなもので窓の隣にあります。  木製や鉄製など素材の種類があり、劣化症状や耐久性が異なります。     【鉄部】  鉄部は雨戸やシャッターもそうですが、その他にも水切りや笠木、配管、手すり、フェンス、換気フード、霧よけ(庇)などがあります。  鉄部は塗装やメッキが劣化していると錆が発生してしまいますのでご注意ください、錆がひどくなると素材が脆くなり朽ちてしまう恐れがあり、塗装の密着性も落ちます。  これからも長く保たせるためには錆が広がる前に塗装しておくことが大切です。     【木部】  木部は窓枠や造作のフェンス、ウッドデッキ、濡れ縁などがあります。  破風板や軒天井も木材を使っていることがありますので劣化にはご注意ください。  木材は水を吸う性質があり、塗装が古くなっていると水を吸って腐食してしまいます。  腐食が進めば塗装だけで対応ができず、交換などをしなければいけなくなります。  メンテナンスコストを上げる原因となるため劣化が進む前に塗装しておきましょう。     劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。     【付帯部も忘れずに塗装。その理由は?】  付帯部の塗装も忘れずに行っておく理由は、これからも長く建物を使ってくためには部分的なメンテナンスではなく、全体的なメンテナンスが大切だからです。  外壁だけ塗装をしても塗装していないところは劣化の進行を防ぐことはできません。  塗装を古いままにしておくと状態が悪化して被害はそこからどんどん広がっていきます。  塗装しなかったことで損傷が大きくなり、修理にかかるコストもかかってしまうため、外壁塗装をするときは付帯部もかならず塗装することが大事です。     【メンテナンススケジュールを意識して計画を立てる】  付帯部を塗装しておく理由にメンテナンススケジュールを合わせることができるということもあります。  別々にメンテナンスをすると劣化の進み具合も工事を行なった日ごとにズレが生じてくるため、劣化のたびに工事をすることになると工事回数が多くなります。  1回の工事でできるだけまとめて工事をした方がいいという理由はこのためです。  同じタイミングでメンテナンスをしておけば工事回数は減り、将来的に必要になるメンテナンスのコストも軽減することにつながります。  足場代が最たるものですから、外壁塗装をする時は付帯部はもちろん、他に工事ができるところがないかチェックしましょう。     足場とコストについてはこちらの「外壁塗装と屋根塗装はセットでおトク」をご覧ください。     【塗装箇所の抜けを防ぐ対策】  付帯部の塗装が大事ということがわかっても付帯部は建物によって違いがあり、たくさんありますから塗装箇所から抜けてしまっていることがあります。  当然ですが、塗装箇所に含まれていないと塗装してくれませんからご注意ください。  本来は抜けなく塗装するのが当然ですし、見落としがないように見積もり前によく建物を診断するのが普通です。  しかし、業者によっては塗装する場所などが曖昧であったり、見積もりが大雑把なことがあります。  塗装しないところが発覚しても、すでに工事が始まっていると追加料金が発生してしまうなどトラブルになる可能性があります。  スムーズに工事を進めていくためにもご契約する前にしっかり見積もり内容をチェックして塗装する場所を把握しておくことが大切です。     見積もりについてはこちらの「料金について」をご覧ください。     【外壁塗装をお考えの方は無料診断がおすすめ!】  ここまで付帯部についてご説明をさせていただきました。  付帯部は塗装する場所をちゃんと把握していないとトラブルに発展してしまう恐れがありますのでご注意ください。  外壁塗装をする際はちゃんと塗装する場所を見積もりでよく確認して納得してから契約を交わしましょう。  当社はお客様立ち会いのもと建物の状態や必要なメンテナンスなどをご説明させいただいております。  建物診断は無料で実施しておりますので、お家のメンテナンス工事のことでお困りのことがございましたらぜひご利用ください。     無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。     "mu"     で、塗装工事、屋根工事のことなら、へお気軽にご相談ください。     外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】

木部は窓枠や造作のフェンス、ウッドデッキ、濡れ縁などがあります。

破風板や軒天井も木材を使っていることがありますので劣化にはご注意ください。

 

木材は水を吸う性質があり、塗装が古くなっていると水を吸って腐食してしまいます。

腐食が進めば塗装だけで対応ができず、交換などをしなければいけなくなります。

メンテナンスコストを上げる原因となるため劣化が進む前に塗装しておきましょう。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

【付帯部も忘れずに塗装。その理由は?】

外壁塗装は付帯部も忘れずに!塗装箇所は見積もりをよくチェック!

付帯部の塗装も忘れずに行っておく理由は、これからも長く建物を使ってくためには部分的なメンテナンスではなく、全体的なメンテナンスが大切だからです。

 

外壁だけ塗装をしても塗装していないところは劣化の進行を防ぐことはできません。

塗装を古いままにしておくと状態が悪化して被害はそこからどんどん広がっていきます。

 

塗装しなかったことで損傷が大きくなり、修理にかかるコストもかかってしまうため、外壁塗装をするときは付帯部もかならず塗装することが大事です。

 

【メンテナンススケジュールを意識して計画を立てる】

外壁塗装は付帯部も忘れずに!塗装箇所は見積もりをよくチェック!

付帯部を塗装しておく理由にメンテナンススケジュールを合わせることができるということもあります。

 

別々にメンテナンスをすると劣化の進み具合も工事を行なった日ごとにズレが生じてくるため、劣化のたびに工事をすることになると工事回数が多くなります。

 

1回の工事でできるだけまとめて工事をした方がいいという理由はこのためです。

同じタイミングでメンテナンスをしておけば工事回数は減り、将来的に必要になるメンテナンスのコストも軽減することにつながります。

 

足場代が最たるものですから、外壁塗装をする時は付帯部はもちろん、他に工事ができるところがないかチェックしましょう。

 

足場とコストについてはこちらの「外壁塗装と屋根塗装はセットでおトク」をご覧ください。

 

【塗装箇所の抜けを防ぐ対策】

見積もりを見た時に「付帯部」という項目を目にするかもしれません。  外壁塗装は外壁だけを塗装するわけではなく、他の部材のところも塗装をします。     塗装をしないままにしてしまうとさらに劣化が進み破損するため、不具合なく長く維持するためにも塗装をして保護する必要があります。     塗装工事は外壁や屋根以外の部材を付帯部という項目で分けています。  塗装工事をする際は、付帯部についてかならず目にすることになりますから、付帯部はどこのことか、なぜ塗装が必要か、塗装箇所の抜けができないようにする対策などを工事をする前に知っておきましょう。     それでは付帯部について押さえていただきたいポイントを解説していきます!     【付帯部に含まれる場所】  付帯部に含まれる場所を以下に記載しました。  どんな部材かも含めてご説明していきます。     【破風板や鼻隠し】  屋根の軒先にある板を鼻隠し、ケラバにある板を破風板と呼びます。  木材やケイカル板、窯業板などの素材があります。     【軒天井】  張り出した屋根の天井を軒天井と呼んでいます。     屋根の張り出しは軒の出と呼び、建物によって広くとっているところと狭くとっているところがあります。     【雨樋】  雨樋は軒樋、縦樋、集水器など複数の部材を接続して構成する屋根からの雨水を排水するための設備です。  現在の住宅で最も一般的な雨樋は塩化ビニール製です。  雨樋についてはこちらの「雨どいの役割と各部位の名称」もご参考にしてください。     【雨戸・戸袋・シャッター】  防犯や防風、防火などの目的に設ける雨戸やシャッター。  戸袋は雨戸をしまう箱のようなもので窓の隣にあります。  木製や鉄製など素材の種類があり、劣化症状や耐久性が異なります。     【鉄部】  鉄部は雨戸やシャッターもそうですが、その他にも水切りや笠木、配管、手すり、フェンス、換気フード、霧よけ(庇)などがあります。  鉄部は塗装やメッキが劣化していると錆が発生してしまいますのでご注意ください、錆がひどくなると素材が脆くなり朽ちてしまう恐れがあり、塗装の密着性も落ちます。  これからも長く保たせるためには錆が広がる前に塗装しておくことが大切です。     【木部】  木部は窓枠や造作のフェンス、ウッドデッキ、濡れ縁などがあります。  破風板や軒天井も木材を使っていることがありますので劣化にはご注意ください。  木材は水を吸う性質があり、塗装が古くなっていると水を吸って腐食してしまいます。  腐食が進めば塗装だけで対応ができず、交換などをしなければいけなくなります。  メンテナンスコストを上げる原因となるため劣化が進む前に塗装しておきましょう。     劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。     【付帯部も忘れずに塗装。その理由は?】  付帯部の塗装も忘れずに行っておく理由は、これからも長く建物を使ってくためには部分的なメンテナンスではなく、全体的なメンテナンスが大切だからです。  外壁だけ塗装をしても塗装していないところは劣化の進行を防ぐことはできません。  塗装を古いままにしておくと状態が悪化して被害はそこからどんどん広がっていきます。  塗装しなかったことで損傷が大きくなり、修理にかかるコストもかかってしまうため、外壁塗装をするときは付帯部もかならず塗装することが大事です。     【メンテナンススケジュールを意識して計画を立てる】  付帯部を塗装しておく理由にメンテナンススケジュールを合わせることができるということもあります。  別々にメンテナンスをすると劣化の進み具合も工事を行なった日ごとにズレが生じてくるため、劣化のたびに工事をすることになると工事回数が多くなります。  1回の工事でできるだけまとめて工事をした方がいいという理由はこのためです。  同じタイミングでメンテナンスをしておけば工事回数は減り、将来的に必要になるメンテナンスのコストも軽減することにつながります。  足場代が最たるものですから、外壁塗装をする時は付帯部はもちろん、他に工事ができるところがないかチェックしましょう。     足場とコストについてはこちらの「外壁塗装と屋根塗装はセットでおトク」をご覧ください。     【塗装箇所の抜けを防ぐ対策】  付帯部の塗装が大事ということがわかっても付帯部は建物によって違いがあり、たくさんありますから塗装箇所から抜けてしまっていることがあります。  当然ですが、塗装箇所に含まれていないと塗装してくれませんからご注意ください。  本来は抜けなく塗装するのが当然ですし、見落としがないように見積もり前によく建物を診断するのが普通です。  しかし、業者によっては塗装する場所などが曖昧であったり、見積もりが大雑把なことがあります。  塗装しないところが発覚しても、すでに工事が始まっていると追加料金が発生してしまうなどトラブルになる可能性があります。  スムーズに工事を進めていくためにもご契約する前にしっかり見積もり内容をチェックして塗装する場所を把握しておくことが大切です。     見積もりについてはこちらの「料金について」をご覧ください。     【外壁塗装をお考えの方は無料診断がおすすめ!】  ここまで付帯部についてご説明をさせていただきました。  付帯部は塗装する場所をちゃんと把握していないとトラブルに発展してしまう恐れがありますのでご注意ください。  外壁塗装をする際はちゃんと塗装する場所を見積もりでよく確認して納得してから契約を交わしましょう。  当社はお客様立ち会いのもと建物の状態や必要なメンテナンスなどをご説明させいただいております。  建物診断は無料で実施しておりますので、お家のメンテナンス工事のことでお困りのことがございましたらぜひご利用ください。     無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。     "mu"     で、塗装工事、屋根工事のことなら、へお気軽にご相談ください。     外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】

付帯部の塗装が大事ということがわかっても付帯部は建物によって違いがあり、たくさんありますから塗装箇所から抜けてしまっていることがあります。

 

当然ですが、塗装箇所に含まれていないと塗装してくれませんからご注意ください。

本来は抜けなく塗装するのが当然ですし、見落としがないように見積もり前によく建物を診断するのが普通です。

 

しかし、業者によっては塗装する場所などが曖昧であったり、見積もりが大雑把なことがあります。

塗装しないところが発覚しても、すでに工事が始まっていると追加料金が発生してしまうなどトラブルになる可能性があります。

 

スムーズに工事を進めていくためにもご契約する前にしっかり見積もり内容をチェックして塗装する場所を把握しておくことが大切です。

 

見積もりについてはこちらの「料金について」をご覧ください。

 

【外壁塗装をお考えの方は無料診断がおすすめ!】

外壁塗装は付帯部も忘れずに!塗装箇所は見積もりをよくチェック!

ここまで付帯部についてご説明をさせていただきました。

付帯部は塗装する場所をちゃんと把握していないとトラブルに発展してしまう恐れがありますのでご注意ください。

 

外壁塗装をする際はちゃんと塗装する場所を見積もりでよく確認して納得してから契約を交わしましょう。

 

当社はお客様立ち会いのもと建物の状態や必要なメンテナンスなどをご説明させいただいております。

 

建物診断は無料で実施しておりますので、お家のメンテナンス工事のことでお困りのことがございましたらぜひご利用ください。

 

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

“mu”

 

南大阪で、塗装工事、屋根工事のことなら、南大阪屋根外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】


大阪府河内長野市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
南大阪屋根外壁塗装専門店
株式会社Boo/麻布南大阪営業所
https://azabu-minamiosaka.net/
住所:大阪府河内長野市美加の台1-36-7

お問い合わせ窓口:0120-418-069
(8:00〜18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:河内長野市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://azabu-minamiosaka.net/case/
お客様の声 https://azabu-minamiosaka.net/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://azabu-minamiosaka.net/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://azabu-minamiosaka.net/contact/


施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

南大阪のお客様の声

もっと見る