外壁塗装ブログ

塗装工事で行うケレンとはどんな作業?目的と重要性を解説!

2022.4.27

塗装工事の見積書や打ち合わせの時にケレンという用語に触れたことはないでしょうか?

ケレンという用語を知ってる方は少ないかもしれませんが、塗装の工程の中で仕上がりを良くするためにとても重要な作業になります。

 

ケレンをしないことで塗装の品質は落ちてしまいますので、これから塗装工事をお考えの方はケレンとはどんな作業なのか知っておきましょう!

ここではケレンとはなにか、目的や注意点などを解説していきます。

 

【ケレンとはどんな作業?】

<p>で、塗装工事、屋根工事のことなら、へお気軽にご相談ください。</p>  <a href="https://azabu-minamiosaka.net" title="外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】" style="color: #0000ff;"><strong> 外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】 </strong></a>

 

建物は風雨にさらされているため汚れの付着や経年劣化してきます。

塗装も摩耗し、建物の美観性や防水性が低下してくるため、ある程度年数が経っていましたら塗り替えが必要になります。

 

塗装は塗料を塗るだけのように見えますが、実際には塗料を塗る前にいろいろな下地処理が必要です、

なぜすぐに塗装ができないかというと建物には汚れや古くなった塗膜が残っているため、塗料を塗ってもうまく定着してくれないからです。

 

そのため下地処理が重要なのですが、下地処理の中にもいろいろな作業があり、ケレンはその下地処理の中の一つになります。

 

ケレンはペーパーヤスリや皮すき、ディスクサンダーなどの研磨材(または器具)を使って塗布面を研磨する作業のことをいいます。

 

ケレンを含む下地処理は塗装の耐久性を左右する大事な工程ですから、これから塗装をお考えの方は下地処理の重要性をしっかり押さえておくことが大切です。

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

【ケレンは塗装の密着性向上と見栄えの調整が目的】

<p>で、塗装工事、屋根工事のことなら、へお気軽にご相談ください。</p>  <a href="https://azabu-minamiosaka.net" title="外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】" style="color: #0000ff;"><strong> 外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】 </strong></a>

 

それでは下地処理の重要性とケレンとはどんな作業なのかをお伝えしたところで、次はケレンを行う目的について解説します。

 

ケレンは塗布面を研磨する作業とお伝えしましたが、なぜ塗布面を磨く必要があるのかが疑問に感じるかもしれません。

 

はじめでもお伝えしましたが、建物は風雨にさらされて汚れや古くなった塗膜が付着している状態です。

この状態で塗装してもうまく定着してくれませんから、除去する必要があります。

 

この塗布面に付着する不純物を除去するために行うのがケレンの作業です。

また、経年による風化で塗布面は荒れていますので、見栄え良く仕上げるには塗布面を整えることも重要で、この塗布面を平滑にするのもケレンの目的の一つです。

 

ケレンの目的は、塗布面に付着する不純物の除去、塗布面を平滑にする(調整する)、この2点を行うことが目的です。

 

不純物の除去と塗布面を整えることで塗装の仕上がりにどんな影響を与えるかというと以下の3つを得ることができます。

 

【ケレンをすることで得られる効果】

・塗装の密着性を高める

・仕上がりをきれいにする

・塗装の寿命を長くする

 

ケレンは塗布面を研磨して下地を整える作業で、ケレンを行うことで上記の3つの効果を得ることができ、塗装の仕上がりが良くなります。

 

【塗装は下地処理が大切!ケレンの重要性】

ケレンの画像

 

塗装は使用する塗料のグレードによって耐用年数も変わってきますが、どんなに優れた耐久性を持っていても下地処理が適切でないと長く保たせることはできません。

塗装で使う塗料は樹脂が配合されており、硬化すると塗膜を形成し、下地に密着する仕組みになっています。

 

密着性の悪い状態では塗膜が正常でも短い期間で剥がれてしまいますから、また新たに塗装が必要になります。

 

数十万円もかけて塗装をしたのに数ヶ月、数年で剥がれてしまうのはもったいないですよね。

塗装を長く保たせるには下地に密着していることが重要で、ケレンも塗装の耐久性に関係しています。

 

軒天井や破風板などの木部、塩ビ製の雨樋などの付着しにくい素材、錆の出る鉄部、などは塗装の付着力が落ちますので、ケレンをして塗装が密着しやすい状態に調整することが大切です。

 

塗料についてはこちらから

 

【傷んでしまっているところは十分なケレンができない】

ケレンの画像

 

ケレンが塗装の定着と仕上がりに関係していることをお伝えしましたが、十分にケレンができないケースがあるということに注意しておかなければなりません。

ケレンは塗布面を研磨する作業ですから、素材の層が研磨した分だけ薄くなります。

 

素材の状態が良ければ問題ありませんが、痛んでいたり、劣化が進んでいたりするとケレンができないことがあります。

 

例えば軒天井の合板が腐食していた場合、ケレンするにも芯が残っていないため研磨することができません。

かろうじて合板に芯が残っていたとしても脆くなっているところは除去するため、これ以上研磨すると合板はさらに薄くなり、今度は強度が問題になります。

 

このような状態だとケレンは最低限にしかできなくなってしまうため、塗装の密着性や見栄えの品質が落ちてしまう可能性があります。

木部や鉄部は腐食、錆などがあるため劣化する前にメンテナンスすることが大切です。

 

ケレンが重要であることはもちろんですが、下地処理を適切にできる状態でメンテナンスをすることが耐用年数を延ばすことにつながります。

 

ケレンについてはこちらの「塗装工事におけるケレン作業の重要性、その役割とは。」もご参考にしてください。

 

【劣化が進む前に建物診断を実施しましょう!】

点検のイメージ画像

 

ここまでケレンについてをお伝えしてきました、

塗装工事はケレンの他にも大切な作業がありますが、ケレンは外壁や屋根の塗装工事の中で頻繁に出てくる用語ですので、ケレンのことを知っておくとこれからのメンテナンス工事を進める際に役に立つかと思います。

 

劣化が進むと下地処理が甘くなってしまうことを前述しておりますが、劣化しているのか、メンテナンスが必要か、などを見ただけで判断するのはなかなか難しいかと思います。

塗装のタイミングは劣化症状の他にも年数の経過も目安になります。

 

塗装は10年ほどが周期となりますので、このくらいの年数が経っていましたら一度専門業者に点検を依頼することをおすすめします。

 

当社は無料で建物診断を実施しておりますので、メンテナンスをお考えの方はぜひご利用ください。

 

無料診断の詳しいことについてはこちらの「プロが見る無料診断」でお伝えしております。

 

大切な建物を長くお使いいただけるお手伝いができるかと思いますので、なにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

“mu”

 

南大阪で、塗装工事、屋根工事のことなら、南大阪屋根外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】


大阪府河内長野市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
南大阪屋根外壁塗装専門店
株式会社Boo/麻布南大阪営業所
https://azabu-minamiosaka.net/
住所:大阪府河内長野市美加の台1-36-7

堺営業所
住所:大阪府堺市南区深阪南2682-2-4

お問い合わせ窓口:0120-418-069
(8:00〜18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:河内長野市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://azabu-minamiosaka.net/case/
お客様の声 https://azabu-minamiosaka.net/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://azabu-minamiosaka.net/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://azabu-minamiosaka.net/contact/


施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

南大阪のお客様の声

もっと見る