外壁塗装ブログ

外壁塗装はどんな手順で進む?失敗しないためのポイントもご紹介!

2021.11.30

外壁塗装の画像

 

外壁塗装は一つ一つの工程を丁寧に行っていくことが大切です。

これから塗装工事をしようと考えている方は、工事がどんな流れで進んでいくか知っておきましょう。

そこでここでは外壁塗装の手順や押さえておきたいポイントをお伝えしていきたいと思います。

 

【お問い合わせから工事開始までの流れ】

問い合わせ画像

 

外壁塗装はお問い合わせから始まります。

まず、塗装工事を検討したら業者に問い合わせましょう。

 

このときに困っていることやこうしたいと思う要望などを伝えておくことをお勧めします。

工事が始まるのは業者と成約してからです。

 

お問い合わせからご成約までは以下の流れで進みます。

 

1:お問い合わせ

2:現地にて建物診断

3:診断書+お見積もりのご提案

4:色決め・工事プランなどのお打ち合わせ

5:ご成約

 

【ここまでの流れで押さえておきたいポイント】

外壁の画像

 

それでは、お問い合わせからご成約までの流れの中で押さえておきたいポイントをお伝えしていきます。

 

【建物診断はかならず行うこと】

見積もり作成のためには現地にて実際に建物の状態を見ることが大切です。

業者の中には診断をせずに工事をご提案するところもありますが、建物の状態がわかっていなければ最適な工事プランをご提案することはできません。

 

当社はお問い合わせをいただいてからかならず建物の状態や劣化症状、必要なメンテナンスなどを診断してお客様の建物に適した工事プランをご提案させていただいております。

 

【建物診断の時にわからないことは聞いておく】

建物診断は専門スタッフが訪問して建物がどんな状態か調べます。

このときに建物の状態や劣化症状、必要なメンテナンスについて説明をもらっておくことをお勧めします。

できれば診断時はお客様も立ち会っておくのが望ましいです。

 

わからないところや気になるところがありましたら、このタイミングで質問して問題を解消しておくことが大切です。

 

また、ご予算やご要望などもあるかと思います。

診断時に伝えておくと、ご要望に合わせて工事プランを立てることができますので、打ち合わせの時間が減り、余計な日数がかかりません。

 

【劣化症状とは】

塗装を検討する時期は10年が目安です。

また、年数の他に劣化症状も塗装をするサインですので見逃さないようにしましょう。

劣化症状は以下の症状があります。

 

・チョーキング

・外壁塗装の剥がれ

・クラック(ひび割れ)

・コケ・カビの発生

・鉄部のサビ

 

劣化を放置してしまうと時間が経過するとともに状態は悪くなっていきます。

補修だけで済んでいたはずが解体して交換しなければいけなくなってしまう恐れがありますので、なるべく被害が広がる前にメンテナンスをしておくことが大切です。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

【見積もり内容はよく確認しておく】

工事内容は見積もりに記載されています。

つまり見積もり内容通りに工事が行われていきますので、見積もりの中に含まれていないことは行われないと思っていた方がいいでしょう。

 

塗装をすると思っていた場所が見積もりに含まれていないと、もし工事が始まってからそこも含めて塗装をして欲しいとお願いしたときに、追加費用が発生してしまう可能性があります。

どこを塗装するのか、どんな工事を行うのかはご成約前に把握しておくことが大切です。

 

見積もり内容についてはこちらの「料金について」をご覧ください。

 

【塗料選びや色決めのポイント】

塗装は耐久性に影響しますので、どんな塗料で塗装をするかこだわって選びましょう。

塗料は建物の状態や外壁材、立地などで最適なものが変わります。

建物診断を実施し、どんな塗料が適しているか相談しましょう。

 

塗料の種類はこちらの「塗料について」をご覧ください。

 

外壁の色は外観の印象を決める大切なところです。

仕上がりイメージを持っておくことが大切ですので、カラーシミュレーションや写真、完成に似ている建物を見つける、などの対策をして色を決めましょう。

 

カラーシミュレーションについてはこちらから

 

【工事開始からお引き渡しまでの流れ】

足場の画像

 

ご成約後はいよいよ工事開始です。

工事開始からお引き渡しまでの流れは以下になります。

 

1:着工前のご挨拶

2:仮設足場

3:高圧洗浄

4:養生

5:劣化補修

6:下地調整

7:塗装開始 下塗り~中塗り~上塗り

8:最終確認

9:足場解体

10:お引き渡し

 

【ここまでの流れで押さえておきたいポイント】

足場の画像

 

それではここまでの流れ押さえておきたいポイントをお伝えしていきます。

 

【着工前の近隣挨拶】

工事を行う際はご近隣の方に配慮することが大切です。

塗装工事は比較的に音が発生しにくいですが、それでも足場設置時の作業音や工事車両の駐車などでご近隣の方にもご協力をいただくことになります。

 

そのため工事が始まる前に近隣挨拶をしていきます。

ただしご都合などもあるかと思いますので、近隣挨拶がご不要な場合は担当者にお申し付けください。

 

【足場は必ず設置すること】

塗装工事はかならず足場を設置する必要があります。

足場があることで安全性が確保され、安定した作業環境で塗装を行うことができるため、品質の高い工事をお客様にご提供することができます。

 

コストを抑えるために足場を減らしたり、設置せずに工事が行ったりするのは工事の品質が落ち、事故にもつながる恐れがありますので、絶対に避けましょう。

 

【高圧洗浄を行う理由】

塗装をするのになんで洗浄をするの?と疑問に感じるかもしれませんが、建物はこれまで蓄積した汚れが付着しているため、この状態で塗装をしてもうまく付着してくれません。

 

長持ちする塗装に仕上げるためには、下地に塗装が密着していることが大切ですので、建物に付着する不純物を取り除くために高圧洗浄を行います。

 

【工事完了後は一緒に仕上がりを確認しましょう!】

工事が完了したらそこで引き渡しとせず、どんな仕上がりになっているか確認することが大切です。

塗り残しや傷がついてしまっているところがあるかもしれません。

 

足場を外してしまったら高い場所の作業はできなくなり、トラブルに発展してしまう恐れもあります。

満足いく仕上がりになっているか業者と一緒に確認しましょう。

 

【工事後も安心!定期訪問のアフターサポート】

サポート画像

 

外壁塗装にかかる日数は1~2週間ほどです。

屋外工事ですから天候に左右されますが、通常は工事が始まる前に工程表が渡されると思いますので、どのくらいに完成するのか事前に確認することはできます。

 

これから外壁塗装をご検討している方は、工事後のアフターフォローも重視しておきましょう。

工事を終えても年数が経てば再度メンテナンスが必要になりますし、その間に不具合が起こる可能性も否めません。

 

当社では工事後の定期訪問サポートを実施し、1年・3年・5年・7年・10年ごとに訪問して建物の状態を点検しております。

 

工事後も安心して建物のメンテナンスをまかせられるように、アフターフォローが充実している業者に依頼することをお勧めします。

 

当社のアフターフォローについてはこちらの「安心の定期訪問サポート」をご覧ください。

 

“mu”

南大阪で、塗装工事、屋根工事のことなら、南大阪屋根外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】


大阪府河内長野市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
南大阪屋根外壁塗装専門店
株式会社Boo/麻布南大阪営業所
https://azabu-minamiosaka.net/
住所:大阪府河内長野市美加の台1-36-7

お問い合わせ窓口:0120-418-069
(8:00〜18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:河内長野市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://azabu-minamiosaka.net/case/
お客様の声 https://azabu-minamiosaka.net/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://azabu-minamiosaka.net/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://azabu-minamiosaka.net/contact/


施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

南大阪のお客様の声

もっと見る