塗装現場レポート

大阪府河内長野市 T様邸 開口部のシーリング工事② プライマ塗布〜仕上げ

2022.4.16

大阪府河内長野市のT様邸にて、引き続き開口部のシーリング工事の作業をお伝えします!

本日はプライマー下塗りから仕上げまでです。

 

前回の現場レポートでは下地処理の清掃とコーキング打ちの工法の種類についてお伝えいたしました。

まだ見ていない方は、ぜひ下のページもご覧ください!

 

「現場レポート:大阪府河内長野市 T様邸 開口部のシーリング工事① 工法の種類」

 

【開口部シーリング工事 プライマー下塗り】

開口部シーリング工事の画像

 

前回の現場レポートでもお伝えしましたが、開口部は増し打ちで行います。

まずは、外壁にコーキングがつかないようにマスキングテープを貼って養生をしておきます。

 

養生についてはこちらの「外壁塗装工事前に知っておきたい養生について」をご覧ください。

 

養生ができたらプライマーをコーキング充填箇所に塗ります。

プライマーは接着剤の効果があり、塗っておくとコーキングが剥がれにくくなります。

 

塗装もそうですが、コーキングは下地から剥がれてしまっては意味がありませんから、密着性を上げるために下地処理や下塗りがとても大切になってきます。

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

【コーキング打ち〜仕上げ】

開口部シーリング工事の画像

 

下塗り後はコーキングを打っていきます。

上の写真ではシーリングと書いてありますが、コーキングと同じ意味になります。

少し紛らわしかもしれませんが、呼び方は業者や職人によって違います。

 

開口部シーリング工事の画像

 

コーキングを打ったらヘラで表面を均します。

コーキングガンで打ったままだとデコボコな仕上がりになってしまいますのでヘラで均してあげると綺麗に仕上がります。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

コーキングの耐用年数は5〜10年ほどですが、最近のは長寿命なコーキングもあります。

当社も耐用年数の長いコーキングを扱っておりますので、長く保たせたいという方はぜひご検討ください。

 

詳しくはこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

 

“mu”

 

南大阪で、塗装工事、屋根工事のことなら、南大阪屋根外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】


大阪府河内長野市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
南大阪屋根外壁塗装専門店
株式会社Boo/麻布南大阪営業所
https://azabu-minamiosaka.net/
住所:大阪府河内長野市美加の台1-36-7

堺営業所
住所:大阪府堺市南区深阪南2682-2-4

お問い合わせ窓口:0120-418-069
(8:00〜18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:河内長野市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://azabu-minamiosaka.net/case/
お客様の声 https://azabu-minamiosaka.net/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://azabu-minamiosaka.net/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://azabu-minamiosaka.net/contact/


施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

南大阪のお客様の声

もっと見る