塗装現場レポート

大阪府和泉市 N様邸 外壁塗装工事 外壁のクラック補修

2021.8.18

施工前の画像

 

本日の現場レポートは引き続き大阪府和泉市の現場の作業をお伝えします。

こちらの現場はモルタル外壁となっていまして、経年劣化によりクラックが起きていました。

 

外壁のクラックは損傷の程度により、ヘアークラックと構造クラックがあります。

どちらのクラックも水が入ってしまいますので、塗装を行うときはしっかり補修をしておかなければいけません。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

もし構造クラック(クラックの幅が0.3mm以上、深さ5mm以上ある)の場合は建物の耐震性などに影響を与えますので、補修方法も異なります。

 

この状態を放置するのは禁物であること、なかなか見ただけでは判断できないところでもありますので、専門業者に状態を見てもらうことをお勧めします。

 

南大阪 屋根・外壁塗装専門店は無料で建物診断を行なっておりますので、メンテナンスの際はぜひお声がけください。

 

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

外壁のクラック補修の画像雨

 

クラックを補修するときはコーキングをひび割れているところに充填してあげます。

コーキングも塗装と同じように下地に密着してないと剥がれてしまいます。

そのためコーキングが剥がれないようにゴミなどを除去し、接着剤の役割があるプライマーを塗布します。

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

外壁クラック補修施工後の画像

 

クラック補修をするときは外壁に隙間ができないようにしっかりコーキングを充填することが大切です。

コーキングガンという専用の道具を使うのですが、充填後は表面が盛り上がった状態になりますので、見栄えを良くするためにヘラで表面を均してあげます。

 

外壁クラック補修施工後の画像

 

上記の写真はクラック補修後です。

このままですとコーキングを充填した跡が目立ってしまいますが、この後に塗装を行うので補修跡は目立たなくなります。

 

コーキングを打つところを塗装する場合は変性タイプのコーキングを使います。

コーキングの中には塗料を弾いてしまうものもありますので、材料選びは注意しておくことが大切です。

 

コーキングについてもっと知りたいという方はこちらの「コーキングについて」でもお伝えしておりますので、ぜひご参考にしてください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

外壁のクラックはそのままにしてしまうと雨漏りを引き起こしてしまう恐れがありますので、もしこのような症状が確認できる場合はなるべく早めに対処することをお勧めします。

 

南大阪 屋根・外壁塗装専門店は建物のメンテナンス工事を承っておりますので、なにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

当社についてはこちらの「皆様から選ばれる理由」をご覧ください。

“mu”

 

南大阪で、塗装工事、屋根工事のことなら、南大阪屋根外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。


大阪府河内長野市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
南大阪屋根外壁塗装専門店
株式会社Boo/麻布南大阪営業所
https://azabu-minamiosaka.net/
住所:大阪府河内長野市美加の台1-36-7

お問い合わせ窓口:0120-418-069
(8:00〜18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:河内長野市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://azabu-minamiosaka.net/case/
お客様の声 https://azabu-minamiosaka.net/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://azabu-minamiosaka.net/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://azabu-minamiosaka.net/contact/


施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

南大阪のお客様の声

もっと見る