塗装現場レポート

大阪府大阪狭山市 縁切り作業〜屋根の仕上げ塗装2回目 断熱塗料ガイナ

2021.8.5

縁切りの画像

 

本日の現場レポートは引き続き屋根塗装の作業をお伝えします。

1回目の塗装が完了したら次は縁切りを行いました。

 

縁切りという用語はあまり馴染みがないかもしれませんが、屋根塗装ではとても重要な作業で、塗料でくっついてしまった屋根材にカッターやヘラなどを使って切り込みをいれ、隙間を設ける作業になります。

 

縁切りの画像

 

屋根材は低い場所から一枚一枚上に重ねて葺いてあります。

屋根材自体は密閉して葺いているのではなく、ただ重なっているだけですので隙間があり、この隙間が屋根材の下に入った水の出口となっています。

 

屋根塗装をすると隙間が塗料で塞がってしまうため、水の逃げ場がなくなり屋根材の下に溜まってしまうばかりか、湿気もこもる状態になってしまいます。

 

この状態が長期期間続くと雨漏りを引き起こしてしまうため、水や湿気が逃げていくために縁切りをして隙間をつくるわけです。

 

塗装工事は屋根や外壁も含めて正しい施工がされていないと却って建物の性能を落とす原因となってしまいますのでご注意ください。

 

縁切りについてはこちらの「下地処理の重要なポイント5 縁切り作業」で詳しくお伝えしております。

 

屋根塗装の画像

 

縁切りの後は2回目の塗装です。

 

屋根塗装の画像

 

棟板金のところもしっかり塗装をします。

棟板金は劣化しやすく、損傷の多い部材ですから定期的に状態を確認しておくことをおすすめします。

 

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

2回目の塗装が完了したらこれで作業が終わりというわけではありません。

塗装後も十分な塗膜厚になっているか確認することが大事。

 

もし、塗膜の厚みが少なければ塗り重ねる必要がありますので、指定された回数を塗ったから大丈夫と安心せず、最後まで仕上がりを確認して判断することです。

 

屋根の塗装は10年ほどがメンテナンス周期となりますので、劣化症状があったり、ある程度年数が経っていたりしましたら屋根の塗装を検討しましょう。

 

屋根塗装は外壁塗装と一緒に行うと費用の節約になります。

詳しくはこちらの「外壁塗装と屋根塗装はセットでおトク」をご覧ください。

“mu”

 

南大阪で、塗装工事、屋根工事のことなら、南大阪屋根外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。


大阪府河内長野市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
南大阪屋根外壁塗装専門店
株式会社Boo/麻布南大阪営業所
https://azabu-minamiosaka.net/
住所:大阪府河内長野市美加の台1-36-7

お問い合わせ窓口:0120-418-069
(8:00〜18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:河内長野市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://azabu-minamiosaka.net/case/
お客様の声 https://azabu-minamiosaka.net/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://azabu-minamiosaka.net/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://azabu-minamiosaka.net/contact/


施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

南大阪のお客様の声

もっと見る