塗装現場レポート

大阪府堺市 T様邸 建具廻り シーリング工事 下地処理 施工方法の種類

2022.1.25

施工前の画像

 

大阪府堺市のT様邸にて建具廻りのシーリング工事を行いました。

開口部は外壁との取り合い部に隙間ができますので、シーリングを打って防水処理しております。

 

雨漏りが発生しやすい場所のため、日頃から状態には注意しておきたいところ。

今回は玄関のシーリングを新しくしましたので、その作業をご紹介してきます。

 

【シーリングの施工方法】

シーリングの施工方法は打ち替えと増し打ちがあります。

どちらの方法が優れているかというものではなく、状況に応じて適した施工方法をとることが重要です。

 

打ち替えは、既存シーリングを剥がして新しいシーリングを打つ方法ですが、この方法は古いシーリングを剥がすため、シーリングに厚みを持たせることができます。

 

増し打ちは、既存シーリングの上に新しくシーリングを打つ方法。

古いシーリングが残るため、打てるシーリングの厚みは打ち替えよりも薄くなりますが、施工箇所が狭かったり、水が入る可能性が高い場所は無理にシーリングを剥がしてしまうと、かえって状態が悪くなってしまうため、このような場所は増し打ちの方が安定して防水性を確保することができます。

開口部は水が入りやすい場所ですから、よく増し打ちが採用されます。

 

無料診断についてはこちらから

 

【開口部廻り シーリング打ち 下地処理】

シーリング工事の画像

 

それではシーリング打ちの作業をお伝えしていきます。

まずは施工面に汚れがついているとシーリングのつきが悪くなりますので、ハケで清掃をします。

外壁に汚れがついてしまうのは帯電性によるもので、浮遊する埃や車の排気ガスなどが外壁に付着します。

 

塗装工事では足場を設置した後に洗浄を行いますが、全ての汚れを落とすことはできませんし、日が経てばまた汚れはついてしまいます。

目視だけでは確認できない部分でもありますので、必ずシーリング施工をするときは、施工面の汚れを取り除いておきます。

 

シーリング工事についてはこちらから

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回はシーリング工事の仕上げまでをお伝えいたしますので、楽しみにしていてください!

 

シーリング工事についてもっと知りたいという方はこちらの「外壁塗装には欠かせない、シーリング工事とは?」もぜひご覧ください。

 

“mu”

 

南大阪で、塗装工事、屋根工事のことなら、南大阪屋根外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】


大阪府河内長野市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
南大阪屋根外壁塗装専門店
株式会社Boo/麻布南大阪営業所
https://azabu-minamiosaka.net/
住所:大阪府河内長野市美加の台1-36-7

堺営業所
住所:大阪府堺市南区深阪南2682-2-4

お問い合わせ窓口:0120-418-069
(8:00〜18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:河内長野市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://azabu-minamiosaka.net/case/
お客様の声 https://azabu-minamiosaka.net/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://azabu-minamiosaka.net/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://azabu-minamiosaka.net/contact/


施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

南大阪のお客様の声

もっと見る