塗装現場レポート

大阪府堺市 N様邸 モルタル外壁 下塗り〜上塗り プラチナフィラー、プラチナシリコン

2021.11.20

外壁塗装の画像

 

大阪府堺市のN様邸にて外壁塗装工事の下塗りと上塗りを行いました。

ご依頼のあったお家は1階と2階の上下で外壁材が異なっていましたので、塗装をした下塗り剤が違います。

 

仕上げ剤が同じでも外壁の種類や状態によって下塗り剤が変わりますので、塗装工事をされる方はどんな塗料を使うのか見積もりをよく確認しておきましょう!

 

見積もりについてはこちらの「料金について」をご覧ください。

 

それでは外壁のフィラー下塗り作業をお伝えしていきます!

 

【外壁の下塗り プラチナフィラー】

塗装を行う前に下地処理をしておきます。

下地処理は塗装の耐久性に関係してきますので、念入りに行うことが大切です。

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

塗料の画像

 

こちらが今回使う下塗り剤です。

下塗り剤にはシーラーとフィラーがあり、今回はフィラーを使います。

塗装する外壁はモルタルですので、表面には凹凸があり、硬い素材なため追従性も低いです。

 

追従性というのは、建物は常に揺れていますので、この揺れに対して外壁も似たような動きをしていないと負荷がかかり破損してしまいます。

モルタル外壁はその追従性がやや劣りクラックを起こすため、塗装も一緒に割れてしまいます。

 

外壁塗装の画像

 

フィラーは塗膜厚があり、伸び縮みする柔軟性のある塗料のため、クラックを起こしやすいモルタルやコンクリートの外壁に適した下塗り剤です。

 

状態によってもフィラーを使うか、シーラーを使うかで変わりますので、実際には建物の状態を見て判断する必要がありますが、塗装を長持ちさせるために建物に合わせて最適な塗料を選んでいくことが大切です。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、メンテナンスの際はぜひご相談ください。

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

【外壁の上塗り プラチナシリコン】

外壁塗装の画像

 

下塗りが完了したら上塗りです。

仕上げ剤は日本四大塗料メーカーである菊水化学工業のプラチナシリコンを使いました。

この塗料は塗料を劣化させる要因の劣化因子を抑え、非常に優れた耐候性を持っております。

 

耐久性が高くなるとメンテナンスのサイクルも長くなりトータルコストを抑えられます。

 

長持ちする塗料を選びたいという方はぜひプラチナシリコンをご検討してみてください。

 

塗料のことをもっと知りたいという方はこちらの「塗料について」をご覧ください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も塗装現場の作業をご紹介していきますので楽しみにしていてください。

“mu”

 

南大阪で、塗装工事、屋根工事のことなら、南大阪屋根外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】


大阪府河内長野市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
南大阪屋根外壁塗装専門店
株式会社Boo/麻布南大阪営業所
https://azabu-minamiosaka.net/
住所:大阪府河内長野市美加の台1-36-7

お問い合わせ窓口:0120-418-069
(8:00〜18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:河内長野市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://azabu-minamiosaka.net/case/
お客様の声 https://azabu-minamiosaka.net/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://azabu-minamiosaka.net/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://azabu-minamiosaka.net/contact/


施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

南大阪のお客様の声

もっと見る