塗装現場レポート

大阪府和泉市 N様邸 外壁塗装 下塗り〜中塗り〜上塗り

2021.11.13

外壁塗装施工後の画像

 

大阪府和泉市のN様邸にて外壁塗装の下塗り〜中塗り〜上塗りを行いました。

外壁塗装は10年ほどで劣化症状が出てくるので、このくらいの年数が経っていましたら一度塗装業者に建物の点検をしてもらいましょう。

 

当社も無料で建物診断を行っておりますので、メンテナンスの際はぜひお声がけください。

 

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

【塗装を行う前の下地処理が大事!】

塗装を行うときは下地処理を念入りに行っておくことが大事です。

下地処理の一つケレンは塗装の密着性を高める目的があります。

 

下地処理前の塗布面は古くなった塗装が残っていたり、デコボコで塗装が密着しにくい状態になっています。

このまま塗装をしても塗料は密着せずに短い期間で剥がれてしまいますので、これから塗装工事をされる方は下地処理の重要性をよく知っておきましょう!

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

また、損傷がありましたら塗装する前にちゃんと補修しておく必要があります。

補修をせずに塗装してしまうのは、悪くなっている状態をそのままにしているということですので、後々不具合を起こす可能性があります。

 

もし塗装をした後に不具合が起きてしまったら、せっかく塗装したところを剥がさなければいけなくなってしまいますのでご注意ください。

 

【外壁塗装 下塗り〜中塗り〜上塗り】

【下塗り】

外壁塗装の画像

 

下地処理後は下塗りを行います。

下塗りにはシーラーを塗りました。

シーラーの他にも下塗り剤にはフィラーというものもあります。

 

フィラーは塗布面を平らにしたい時や塗膜に追従性を持たせたいときに使い、外壁のひび割れ補修の際によく使います。

下塗り剤は下地の状態に合わせて材料選定していくことが大切です。

 

【中塗り】

外壁塗装の画像

 

続いて中塗りです。

中塗りから仕上げ剤で塗装をしていきますので、お客様に選んでいただいた色で外壁が仕上がっていきます。

 

この工程から建物の印象も変わってきますので、塗装をしている実感が湧くのではないでしょうか。

まだ、足場は設置したままなので建物の全貌は見えませんが、少しずつ建物が生まれ変わっていくのがわかるかと思います。

 

【上塗り】

外壁塗装の画像

 

仕上げ剤の塗装は基本的に2回行います。

塗膜の厚みを確保していることが大切ですので、2回塗装を行っても塗膜の厚みが薄い場合は再度塗装をしていきます。

塗膜が薄くなってしまうと性能はもちろん耐久性まで落ちてしまうため、しっかり塗っていくことが大切です。

 

塗装工程についてはこちらの「塗装工事の流れ」をご覧ください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も塗装現場の作業をご紹介していきますので楽しみにしていてください!

“mu”

 

南大阪で、塗装工事、屋根工事のことなら、南大阪屋根外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】


大阪府河内長野市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
南大阪屋根外壁塗装専門店
株式会社Boo/麻布南大阪営業所
https://azabu-minamiosaka.net/
住所:大阪府河内長野市美加の台1-36-7

お問い合わせ窓口:0120-418-069
(8:00〜18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:河内長野市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://azabu-minamiosaka.net/case/
お客様の声 https://azabu-minamiosaka.net/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://azabu-minamiosaka.net/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://azabu-minamiosaka.net/contact/


施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

南大阪のお客様の声

もっと見る