塗装現場レポート

大阪府和泉市 N様邸 水切りの塗装

2021.10.11

大阪府和泉市のN様邸にて水切りの塗装を行いました。

水切りは外壁の取り合い部の他に屋根にも取り付けられています。

外壁と屋根の取り合い部にある板金のことを水切り、または雨押さえと呼び、水が屋内に入らないようにしています。

 

水切りの塗装

水切りの塗装の画像

 

下地処理後に塗装をしていきます。

素材や状態によって下塗り剤を塗っていくか決めていきます。

 

今回は下塗り剤を塗らずに仕上げ剤で塗装をしました。

塗布面の劣化が進んでいると塗装の付着性は落ちますので、痛んでいる場合はシーラーや錆止めを塗布します。

 

下地処理についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

水切りの塗装の画像

 

続いて2回目の塗装です。

通常仕上げ剤の塗装は2回行います。

 

塗装は1回に塗れる量が決まっていて、規定量を超えて塗装をしてしまうと膨れや浮きを起こす原因となってしまいます。

 

膨れや浮きなどの施工不良を起こしてしまうと、せっかく行った塗装を剥がさなければいけなくなり、手間が増えてしまいます。

 

また、一時的に大丈夫でも工事後の短い期間で施工不良の症状が出てくる恐れもあります。

これから塗装工事をご検討している方は、正しい施工がされていることが長持ちする塗装となるため、適切な施工を行ってくれる業者に依頼しましょう。

 

塗装の品質は業者選びが重要となってきます。

業者選びについてはこちらの「塗装屋選びのポイント」をご覧ください。

 

水切りの塗装 施工後

水切りの塗装の画像

 

2回目の塗装を行って作業が完了しました。

屋根の板金は外壁の下にまで延びて取り付けてありますので、簡単に交換することはできません。

 

もし、不具合を起こして交換しなければいけなくなってしまったら、外壁を部分的に解体する必要があり、工事規模も大きくなってしまいます。

 

また、ここは不具合があると水が屋内に入りやすい場所ですので、定期的に状態は確認しておいたほうがいいでしょう。

 

雨漏りは必ず目視で確認できるとは限りません。

症状が目に現れて出ていなくても、目視では確認できないところで水が入っている可能性も考えられます。

 

壁内のところで水が止まり、部屋まで雨漏りの症状が出ていないだけかもしれませんので、水染みの跡がないから大丈夫とは言い切れません。

 

雨漏りによる被害が広がれば、その分建物に与える影響も大きくなりますので、年数が経っていたり、劣化症状が出ていたりした場合は、メンテナンスすることをご検討ください。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、お家のことでなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

雨漏りについては「雨漏りを放置すると危険!」でもお伝えしておりますので、良ければこちらもご参考にしてください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も塗装現場の作業をご紹介していきますので、楽しみにしていてください。

“mu”

 

南大阪で、塗装工事、屋根工事のことなら、南大阪屋根外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。


大阪府河内長野市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
南大阪屋根外壁塗装専門店
株式会社Boo/麻布南大阪営業所
https://azabu-minamiosaka.net/
住所:大阪府河内長野市美加の台1-36-7

お問い合わせ窓口:0120-418-069
(8:00〜18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:河内長野市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://azabu-minamiosaka.net/case/
お客様の声 https://azabu-minamiosaka.net/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://azabu-minamiosaka.net/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://azabu-minamiosaka.net/contact/


施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

南大阪のお客様の声

もっと見る