外壁塗装ブログ

屋根塗装の遮熱塗料の効果は?どんな人におすすめ?

2022.1.20

屋根塗装の画像

 

建物は経年劣化を起こし、いずれはメンテナンスが必要になってきます。

屋根も同様に劣化してくると色あせてきて美観性が落ち、建物の印象も古く見えてきます。

屋根塗装は建物の美観性と防水性を向上させてくれるメンテナンスです。

 

屋根塗装に使われる塗料はいろいろな種類があり、熱対策となる遮熱塗料というものがあります。

一般住宅でも普及されるようになり、遮熱塗料が気になっている方も多くなりました。

ここでは遮熱塗料とはどんな塗料か、遮熱塗料の効果はどんなものか、おすすめなのはどんな建物なのか、などをお伝えしていきたいと思います。

 

【遮熱塗料の性能】

屋根塗装の画像

 

屋根は真夏だと表面温度が60℃まで上がるほど高温になります。

屋外だから室内にいる自分には関係ない、と思われるかもしれませんが、屋根に吸収された熱は移動してくるため、屋根の表面温度が高いほど屋内の室内温度も高くなってしまいます。

 

遮熱塗料はこの屋根が吸収する熱を抑え、室内温度の上昇を抑制する効果があります。

太陽光には紫外線や可視光線、赤外線などが含まれ、熱の吸収となる近赤外線を遮熱塗料は反射。

熱の影響を軽減させ、吸収を抑えることで屋根の温度上昇を抑えられます。

 

屋根の温度が高くなるとなんで室内温度が上がるか疑問に感じられるかと思いますが、吸収された熱は移動し、室内へと伝わってきます。

 

熱の吸収を防ぐと熱の伝わりも軽減されるため、室内温度の低下、エアコン消費電力の削減などの効果を得ることができます。

日本ペイントのサーモアイシリーズは遮熱塗装により表面温度は20℃低下、室内温度は7℃低下の効果が得られています。

 

【遮熱塗料は長持ちする?耐用年数と価格】

屋根塗装の画像

 

遮熱塗料の性能のことをお伝えしましたが、あと気になることといえば、どれくらい保つかということではないでしょうか。

遮熱塗料の耐用年数は10~15年ほどと、一般的な塗料と同じくらいか、グレードの高いものなら少し長持ちするくらいの耐久性です。

 

塗料によっては紫外線に強い耐性を持つ耐候性に優れたものもありますので、どの塗料を選ぶかが重要です。

遮熱塗料を選ぶときに注意しておきたいのが、耐久性と遮熱性のバランスです。

 

耐久性がいくら高くても遮熱性が持続しなければ、遮熱塗料で塗装する理由は薄くなってしまうでしょう。

また、遮熱塗料は色の種類によって反射率が変わります。

 

白に近い色ほど反射率は高くなり、黒に近いほど反射率は低くなりますので、外観と性能のバランスを考えて色を選びましょう。

それに遮熱塗料は汚れが付着すると遮熱性能が落ちてきてしまいます。

 

低汚染性や親水性があると汚れのつきを抑え、性能が落ちにくくなりますので、汚れがつきにくいということも重視しておきましょう。

 

遮熱塗料は一般的住宅に普及しつつありますが、まだ需要が追いついていない傾向にあります。

そのため、価格は一般的な塗料と比べると安くはありません。

 

また、下塗り剤に遮熱性能を持たせている塗料もあり、正しく施工しないと性能を最大限発揮することができません。

遮熱塗料を採用するにあたっては、遮熱塗料の実績を持つ業者に施工してもらうことをお勧めします。

 

【遮熱塗料はどういう建物におすすめか】

屋根塗装の画像

 

屋根から熱が伝わり室内温度を上げてしまっている建物は、遮熱塗料の効果を実感できることでしょう。

屋根の熱抵抗値が小さいほど効果は高く、金属屋根やスレートは表面温度が高くなる傾向にあるため遮熱塗装がおすすめです。

 

また、勾配天井のある部屋、2階リビング、天井が低い部屋などは屋根からの熱が伝わってきやすいため、遮熱塗装の効果が期待できます。

 

遮熱塗装を検討する際に注意しておきたいのは、熱抵抗値が高いケースです。

屋根や断熱材を設けてある場合は、熱抵抗値が大きいため効果は低くなります。

 

天井高が高い場合も空気量が多くなりますので室温の上昇は緩やかになり効果はあまり感じられないかもしれません。

さらに前述したように遮熱塗料は汚れが付着すると遮熱性能が落ちるため、汚れの付着を抑える低汚染性や親水性塗膜を形成する塗料を選ぶこと。

 

色の種類により日射反射率が変わることも注意しておきましょう。

元々白い屋根を遮熱塗料で黒に塗ってしまったら、遮熱性能の効果は感じにくいかもしれません。

色の組み合わせと効果のバランスが重要です。

 

製品カタログにのるカラーバリエーションは各色ごとに反射率が記載されているため、それを参考にして選ぶことをおすすめします。

 

カラーシミュレーションについてはこちらから

 

【遮熱塗料をご検討している方は、まずは無料点検を実施しましょう!】

遮熱塗料は専門的な知識を持って採用を検討することが大切です。

建物によって適不適か判断されますので、実際に建物を見て遮熱塗料が適しているかどうか検討する必要があります。

遮熱塗料にもグレードがあり、無機顔料を使った色落ちしにくいものもあります。

 

ご予算などもあるかと思いますので、遮熱塗料が気になっている方は、まずは塗装業者に建物を見てもらいアドバイスをもらうことをお勧めします。

当社も無料で建物診断を行っておりますので、お家のことでなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

当社の無料診断はこちらから

 

室温を改善できるとエアコンの使用負荷が軽減され、電気代の節約になります。

夏場のように部屋が暑くて困っているという方は、ぜひ遮熱塗料をご検討してみてください。

 

遮熱塗料についてはこちらの「遮熱塗料 サーモアイ」をご覧ください。

 

“mu”

 

南大阪で、塗装工事、屋根工事のことなら、南大阪屋根外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店【南大阪屋根外壁塗装専門店】


大阪府河内長野市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
南大阪屋根外壁塗装専門店
株式会社Boo/麻布南大阪営業所
https://azabu-minamiosaka.net/
住所:大阪府河内長野市美加の台1-36-7

堺営業所
住所:大阪府堺市南区深阪南2682-2-4

お問い合わせ窓口:0120-418-069
(8:00〜18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:河内長野市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://azabu-minamiosaka.net/case/
お客様の声 https://azabu-minamiosaka.net/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://azabu-minamiosaka.net/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://azabu-minamiosaka.net/contact/


施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

南大阪のお客様の声

もっと見る